易の講義

昨日は易の講義を受けるため大阪へ参りました。

九星気学の易から干支九星気学を始めて学んだ時、これは凄いとショックを受けましたが、最近、郭氏元経(かくしげんきょう)の干支原理学の講義を受け更に驚いています。
昨日は貴人巣会篇(きじんそうかいへん)第四十四の講義を聴き、こんな凄い易があったんだと驚くばかりです。この易は日本に入って来たのは江戸時代です。日本で解かれた方は、私が学んでいる大気現象の望月先生と飯田雄康先生が初めてで、分かり易く解釈してくださっております。それを更に私の先生が分かり易く御講義下さり本当に有難いことです。
元は全て漢文で、到底理解は困難なものと思います。
この郭氏元経は、「事を起こす」また「移転をする時」凄い福をとることが出来、開運となるものです。

私はこの大気現象の易に出会ったことは、非常に運が良かったと、唯、唯、感謝です。
私は建築設計事務所ですのでこの易を通じて、家を建つ時期移転の方角等、家を建築する方が開運され幸せと成るよう、より多くの人のお役にたちたいと思います.頑張ります
[PR]

by t-arcz | 2007-08-22 17:20 | 占い

<< 管理建築士講習 祝賀会へ >>