お食い始め

今年4月14日、長女に女の子が生まれた。元、国立病院で生まれたが前の町のお医者さんでは一寸異常がが見られると言われ些か心配をしたが私は易をやっているので鑑定盤をたてました。そして鑑定盤でお呪いをすると南の神社が出たので鞆の沼名前神社で祈願してお砂を頂き娘に持たせた。御蔭さまで生まれてきた子は何の異常もなくすこぶる元気でした。名前も人の一生都を大きく左右するが、娘夫婦が付けると言うので命名のいろはを教え、、、詩乃(しの)と名付けた,100%ではないが女の子なので嫁に行けば名前が変わるので、、、良しとした。今日はその詩乃ちゃんの百日(ももか)でした。百日は生涯食い外れのないことを願ってお祝いをすると言われている。両家の親も寄って、私が一番年上で(自慢にならぬが)、詩乃ちゃんに食べさせることとなった。家内も朝早くから準備のため奔走し,親馬鹿ならぬ、孫馬鹿?、、聞いたことないな、、、、     いずれにしても友人から、孫は可愛いぞとは聞いていたが正に実感と言ったところです.詩乃ちゃんの健やかな成長を念ずる。
[PR]

by t-arcz | 2009-07-25 23:52 | 家族の話

建築士指定講習 >>